口臭治療の大まかなながれは以下の通りです

 診療にあたっては、まず最初に来院していただく一週間前から、生活記録、食事内容や、嗜好品の回数、量そして口臭が気になる時とその具体的感覚などを記録していただきます。(生活調査票) 
来院時には、口臭について患者さんの訴えを仔細にうかがい問診をおこないます。次に口の中に疾患はないか、舌の状態はどうか、鼻の疾患はないか、呼吸器の病気はないか、口臭に影響を及ぼす全身の病気はないかなどを精査いたします。検査は、オーラルクロマ、ハリメータ、アテイン、BBチェッカー、アテインインキュベーターという5種類の機械で口臭原因物質を測定いたします。チェックバフにより唾液の量、質、働きについても仔細に調べます。 最後に 実際に鼻で口臭をかぐ診査をいたします。(官能検査といって本田先生が最も重要視されています) 口臭治療は患者さんと一緒に改善していく必要があり、そのために次の来院までの間に困ったことが起こった時、E-mailで相談ができるようにいたします。3ヶ月で納得していただける結果が得られない場合、 本田歯科で優先的に診察を受けていただけるように提携クリニックとしてほんだ歯科との連携が確立されています。


口臭治療は自由診療になり、診療費は以下の通りです(消費税別)

初診料(各種口臭測定・精密検査、診断・カウンセリング)25,000円

同時に、一般歯科治療費(保健適応) 虫歯 歯周病検査の為のレントゲン 口腔内清掃 歯石除去などが必要になる場合があります。約4,000円(消費税なし)

さらに、治療を行なうにあたって必要な特殊歯磨き剤、コンディショナーなどの口臭抑制剤の購入に1,000円〜5,000円ほど実費が必要になります。   

再診料(再評価のための各種口臭測定・精密検査・診断料など)15,000円

口臭治療は原則として3〜4週間ごとにおよそ3ヶ月強通っていただき完治をめざします。
したがって、口臭治療のみの治療費合計は4〜5万円となりますが、そのほか一般歯科診療費(保健適応負担金およそ3,000円前後)および口臭抑制剤(1,000円〜5,000円)の使用が必要と診断された場合別途ご負担をいただきます。

海外の提携クリニックでは、初診は500ドル内外、再診料は300ドル内外となっております。(歯科治療費・口臭抑制剤などは別料金・・・国によって料金は異なります。)

生活調査表は来院一週間前の食事内容、口臭の状態を詳細にご記入いただきます。
食事につきましては朝、昼、夕食以外のおやつや、ジュース、コーヒー等口にするすべての飲食物につきまして記入していただきます。
口臭の状態につきましては、ご自分の感覚を可能な限り忠実にご記入ください。またそのときのご自身の気持ちや感情なども記入いただくと正確な診断への道しるべとなります。タバコを吸われる場合、喫煙時間と本数をご記入ください。タイムテーブルにつきましても一日の行動を例にならってご記入ください。
生活調査表はここからダウンロードしていただきますが、出来ない場合郵送させていただきます。予約フォームのコメント欄に生活調査表郵送希望とご記入ください。


HOME